銀輪行路

多摩→名古屋へ。収録コースは記事一覧にまとめました

世界最小のラジコンヘリナノファルコンをティアダウン

香港の老舗玩具メーカー謹製のナノファルコンをティアダウン

 

3年ほど遊んだが、リチウムポリマー電池がとうとうイカれてきて満充電でも20秒も飛ばない。純正交換用電池は販売されておらずサヨナラするまえに恒例のティアダウンだ

 

赤外線ヘリコプター NANO-FALCONα ナノファルコンアルファ

赤外線ヘリコプター NANO-FALCONα ナノファルコンアルファ

  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

安定した飛行でおうち時間の暇つぶしにぴったりなオモチャだ

f:id:trail7:20200803201458j:plain

 

f:id:trail7:20200803201522j:plain

同軸反転ローターに前進、後退を制御するテールローターで合計3つのモーターが搭載されている

 

f:id:trail7:20200803204709j:plain

 

f:id:trail7:20200803201750j:plain

 

キャノピー部には、リチウムポリマー電池3.7V 80mAh 0.3Whが制御基板に直付けされている。よって電池交換は困難、はんだ付けに自身があれば450円程度でヤフーショッピングで購入可能だ。ただし送料が800円もする。制御基板には2箇所ベアチップ実装されたICが搭載されている。この時点で僕のようなドシロウトにはアウト。これ以上やるなら蛍光X線分析装置が必要だ。お値段にしてたったの1000万円は軽い

 

f:id:trail7:20200803202441j:plain

動力部はメインの同軸反転ローター用に2個、前後推進用にテールロータ用に1個、計3個のモーターで構成されている

 

f:id:trail7:20200803202631j:plain

 

コントローラー部、3つのモーターは3つの可変抵抗にて制御される。VR1でテールローター。左側のVR3でメインの同軸反転ローターの出力、VR2で同軸反転ローターの回転数をずらし左右へ首を振る動作を行っているようだ。K1、K2で左右方向のトリム、K3でヘリ搭載のLEDの点灯を制御

 

f:id:trail7:20200803203235j:plain

ヘリ部、キャノピー、制御基板、バッテリーと駆動部

コンパクトに設計されていて美しい

いいオモチャだった。ありがとう