銀輪行路

多摩→名古屋へ。収録コースは記事一覧にまとめました

広見林道終了のお知らせ(~令和8年3月31日)

f:id:trail7:20200906193706j:plain

西側から、ガードレール2枚でがっちりガード

f:id:trail7:20200906193932j:plain

東側から、ここにもガードレール


中京圏最凶のオフロードの聖地、広見林道。いつの間にか終了していた。東西の出入り口は開閉可能なゲートではなく、ガードレールでがっちりガードされており令和8年度末まで通行止め

 

わかりやすく言うと廃道化決定ということか

 

4輪は完全無理、2輪もパット見無理ゲーっぽいが入れるやついるのか?

 

f:id:trail7:20200906194343j:plain

愛知県某所

 

f:id:trail7:20200906194434j:plain

猿投神社

f:id:trail7:20200906195217j:plain

ターマック登りは相変わらずサイコー!

f:id:trail7:20200906194632j:plain

「人生はデコボコ道。まっすぐな道。一緒に作りましょう」とおっしゃる看板に邂逅する。ああ、言われちゃった。酷道険道、死道、そして廃道に夢中になる僕の心のスキマに秋風が吹いた

Bike&Bake #1 あさりコンソメリゾット

f:id:trail7:20200830114401j:plain

今日のグルメあさりコンソメリゾットだ

f:id:trail7:20200830171436j:plain

またーりひとりキャンプ

 

昨晩、偶然押し入れからブリティッシュアーミー御用達メスキットとヘキサミンポケットストーブを発見。おおこんなの持ってたなぁ。ダッシュでとりあえずダイソーで怪しげな燃料炭を調達した

 

火力が足りるのかどうか心配なので、とりあえず温めるだけで簡単にできるようなメニューを考えた、あさりリゾットだとまぁ朝飯でも食べられるだろう。昼のほうがいいのだが今日も猛暑日予報で危険だ

 

f:id:trail7:20200830114455j:plain

本日の野営セット

材料
①残りご飯1合をビニール袋に入れる
②ママー、香味野菜たっぷりのあさりコンソメ260g
③黒胡椒をビニール袋づめ
④カフェラトリー濃厚ビター(今日はなんか美味しくなかった)
日東紅茶(こっちのほうがうめー)
⑥デザートのアーモンドクッキ
⑦PETボトルに詰めた水500ml

 

持ち物(乾燥重量750g)
①メスキット(メスティンともいう)
②ヘキサミンポケットストーブ
ダイソー燃料炭一袋
④金属製の箸(食べるにも火箸にもなる)
⑤スプーン
⑥イケアの安物のプラスチック製カップ
⑦ライター

 

f:id:trail7:20200830114611j:plain

メスティンのなかに材料を収納しておくとぴったりだ

 

材料をメスキットに収納し、持ち物すべてをエコバッグにまとめリュックにツッコミ6時頃出発、庄内川の上流を目指し目星をつけておいた場所でキャンプ開始。使い残しのエスビットの固形燃料は着火できなかった。調達したダイソーの燃料炭とりあえずチョコレート状の一列をちぎって点火。なかなかの火力だ。残りご飯とあさりコンソメをメスティンで煮込み水分を飛ばす。10分弱でいい感じに仕上がった。黒胡椒をまぶし準備完了。その後250mlのお湯を沸かす。十分な火力で5分かからない。ダイソーやるなぁ。バカ高い固形燃料なんか買う気しなくなったぞ

 

f:id:trail7:20200830114711j:plain

ダイソーの燃料炭チョコ1列分。十分な火力で30分ほど燃焼する

ただ弱点はあり、重くかさばる、手が黒くなる、燃えカスが残る点がイマイチだがその圧倒的コストパフォーマンスで、チャリキャンプだとぜんぜん許せる。今度からはチョコレート2列分を持っていけば十分だ

 

河原でのんびりと朝飯作っていただく。しょうもない材料なんだけど環境が良いので美味しい。ただなんかせっかくだからちょっと高いやつ持ってきたんだけどコーヒーは家で飲むほうが美味しい。なんか甘ったるく捨ててしまった

 

沸かし直した紅茶をすすりBBCワールドサービスのプロパガンダ放送を聞きながらぼおっつと川面を見つめているとこまけーことなんてどおでも良くなってきた

 

f:id:trail7:20200830114816j:plain

煤けてしまうのは一緒だ

 

f:id:trail7:20200830114904j:plain

ボロギレでなるべく拭き取っておくそうしないと、リュックの中汚れる

f:id:trail7:20200830114948j:plain

ゴミと燃えカスは袋に入れて収納して綺麗サッパリ持ち帰り

英軍御用達メスキット。1500円くらい

toc-ltd.co.uk

ポケットストーブ有名なものはエスビットだ。専用燃料も簡単に手に入る

現在の英軍御用達のストーブはファイヤドラゴン。日本だと400円位で通販できるよ!ただ専用燃料を考慮した設計で燃料置くスペースが小さいこと、また底面に直接接触する(テーブルとかにおいちゃうと焦げる)からエスビットストーブのほうが汎用性あると思う

www.bcbin.com

 

僕の持っているストーブは Highlander Compact Solid Fuel Cookerというものこれも専用燃料の大きさに設計されているが日本じゃ手に入らない。ただし燃料スペース大きいため汎用性に優れている逸品

 

第二次世界大戦から使われている意味完成された枯れた技術の品物なので中華のパチもんでも十分だよね。そう壊れるものじゃない。このへんはこだわり次第ですね!

名古屋ウォーターフロント自転車散歩

日本最大の貿易港を持つ名古屋を縫うように黒川、堀川、ガーデンふ頭、熱田神宮新堀川を走りつないだ

 

中心地を走るため信号が多くストップアンドゴーで進まないが、秋から春のシーズンの週末におすすめのコースにまとめたい基本ルートだ。早くグルメや博物館を絡めて楽しみの幅を広げたい

 

確かにここにしかないという魅力的な観光スポットはあまりないが、日本有数の城下町として一通り揃っており、街の散策をゆっくりと味わえる

 

フラットコースなのでシェアサイクルでも十分回れる。もし週末を名古屋で過ごすことがあれば是非オススメしたいルートだ

 

 

06:15-10:45 45km

 

 

f:id:trail7:20200810194730j:plain

黒川樋門(ひもん)庄内川からの水量を調整する

f:id:trail7:20200810195210j:plain

f:id:trail7:20200810195351j:plain

明治10年に愛知県技師黒川治よしにより開削、その功績により黒川と命名された。明治19年愛船株式会社により犬山と名古屋を結ぶ水運が始まり大正13年まで続いた

f:id:trail7:20200810195737j:plain

f:id:trail7:20200810195752j:plain

f:id:trail7:20200810195806j:plain

名古屋城建築に多大な功績のあった加藤清正公像、カゴメ株式会社80周年に作成、寄贈された。カゴメは愛知発祥の企業だと初めて知った



f:id:trail7:20200810200523j:plain

四間通り(しけどおり)防火帯を目的とした7.2m幅のどうろ、こんな狭くて意味あるのかと思うが

f:id:trail7:20200810195859j:plain

五条橋、美濃路の要所だ

f:id:trail7:20200810195934j:plain

f:id:trail7:20200810195941j:plain

f:id:trail7:20200810195949j:plain

f:id:trail7:20200810204500j:plain

f:id:trail7:20200810200112j:plain

熱田神宮

f:id:trail7:20200810200135j:plain

セントラルパークから望むテレビ塔

f:id:trail7:20200810201531j:plain

右折レーンの右、中央分離帯の向こうに直進レーンが!ここ名古屋でしか見られないトリッキーなレーン区分だ。これを考えた名古屋市交通局天才!若い女性が間違えてバスと正面衝突を起こしたというニュースで知った!!



 

 

サイクリングの熱中症対策(ネックガード付きインナーキャップ)

熱中症で敗退

7月19日名古屋→東尋坊(油坂峠経由210km)ロングライド計画のための試走を実施。今日は峠手前の美濃白鳥まで180km往復しようかと思い出かけたが、暑すぎて郡上で敗退を決心。国道沿いの気温表示は33℃、帰路熱中症で頭が痛くなってくるフラフラで犬山駅から輪行敗退(143km 5:45-14:30)。無事に帰宅してナンボ。良い判断だった。このルートは僕には無理だ

 

f:id:trail7:20200803081627j:plain

 

ライドの振り返り

この季節、遅くとも午後イチにはライドを手仕舞いする必要ある。10時過ぎると暑さと日差しがきつく、だんだん頭がボーっとするめまいの前兆のような感じが強くなってくる。コンビニでこまめにガリガリ君スポドリ、お茶、菓子パンを補給するが体調の悪化をとめることはできなかった。もう飲み物も食べ物も入らない感じでいっぱいいっぱいになってきた

うなじへの直射日光が猛烈に暑いなぁと感じた。帰宅後調べてみるとうなじには動脈とか静脈が集中しておりかつ皮膚が薄い。うなじを直射日光から保護し血液の温度上昇をおさえることが熱中症対策に有効な手段の一つだということだ

 

サイクリストの場合、ヘルメットを被っているので頭部は直射日光に晒されずすむのだが首筋はむき出し。日焼けには気を配っていたが暑さ対策は全く考えていなかった。うなじ、首筋が弱点だったのだ

 

帰宅後ググってみると帽垂布(ぼうたれぬの)という帽子の側面や後ろに縫い付けられたひらひらの布が熱中症予防に効果があるとのことだ。映画に出てくる日本兵とか、キャディさん、幼稚園児がかぶっているような帽子。正直格好いいとは言えないが炎天下でのサイクリングでは格好よりも熱中症予防が優先だ

 

世の中いろいろな商品があるもんだ。すでに僕が欲しいものはアマゾンにあった。早速次のライドにそなえポチっておいた 

 

アイスノン 首もとひんやりループ 1個入

アイスノン 首もとひんやりループ 1個入

  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
夏空のもとへ

8/2梅雨明け宣言翌日。真夏の青空のもと新調したサドルのポジション調整を兼ねて120kmのロングライドへでかけた05:30~13:30。先週と同じように8:30をすぎると気温がぐんぐんと上昇していく。途中で見つけた温度表示は33℃。先週と同じだ

 

インナーキャップはなかなか優秀でネックガード(帽垂布)で覆われるうなじがなかなか涼しい。布切れ一枚で体感温度結構変わるものだ。適度に吸水性があるようで汗が目にたれてこない。垂れの部分はあまり大きくないがうなじ部分を直射日光からしっかり保護するという機能を果たしつつ、色が黒なので目立たずかぶっていてもあまりダサくない、かつ風でバタバタしない絶妙のデザインだ。これはいい買い物だ

 

アイスノンはハズレ。水分がすぐに蒸発してしまい10分もするとひんやり感がなくなってしまう。途中でバッグにしまった。出先で貴重なボトルの水をこれに使うより飲んだほうがよっぽど熱中症対策になるよね。まあ一応お守りがわりにバックの中に入れておくか

 

f:id:trail7:20200803081154j:plain

 

気になるサイズ感だが、身長188cm、帽子のサイズ60cmの僕でも窮屈感はなくフィットする。垂れの部分は約20cm四方。最初はこんな小さい垂れで効果あるのかと思ったが、髪の生え際のうなじ部分を保護するだけで体感温度が大きく変わった

 

f:id:trail7:20200806065950j:plain

f:id:trail7:20200806070113j:plain

 

使ってみて気づいたが、手持ちのインナーキャップにハンカチを縫い付けるとか、安全ピンで止めるほうが安上がりだよなと気づいた。ま、2枚で1000円とそれほど高い投資でもなく十分効果を感じられたので買ってよかったよ

ベトコンラーメン

サイクリングにピッタリの昼食、愛知ご当地グルメ、ベトコンラーメンをいただいた。炭水化物、塩分、水分が美味しくいただけるサイクリング向け最強のカーボローディング。ああ日本人で良かった。スープまで残さず完食し正午過ぎの灼熱の濃尾平野を30km、90分余裕かまして帰宅した。熱中症対策は成功だぜ!

 

f:id:trail7:20200802170441j:plain

 

世界最小のラジコンヘリナノファルコンをティアダウン

香港の老舗玩具メーカー謹製のナノファルコンをティアダウン

 

3年ほど遊んだが、リチウムポリマー電池がとうとうイカれてきて満充電でも20秒も飛ばない。純正交換用電池は販売されておらずサヨナラするまえに恒例のティアダウンだ

 

赤外線ヘリコプター NANO-FALCONα ナノファルコンアルファ

赤外線ヘリコプター NANO-FALCONα ナノファルコンアルファ

  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

安定した飛行でおうち時間の暇つぶしにぴったりなオモチャだ

f:id:trail7:20200803201458j:plain

 

f:id:trail7:20200803201522j:plain

同軸反転ローターに前進、後退を制御するテールローターで合計3つのモーターが搭載されている

 

f:id:trail7:20200803204709j:plain

 

f:id:trail7:20200803201750j:plain

 

キャノピー部には、リチウムポリマー電池3.7V 80mAh 0.3Whが制御基板に直付けされている。よって電池交換は困難、はんだ付けに自身があれば450円程度でヤフーショッピングで購入可能だ。ただし送料が800円もする。制御基板には2箇所ベアチップ実装されたICが搭載されている。この時点で僕のようなドシロウトにはアウト。これ以上やるなら蛍光X線分析装置が必要だ。お値段にしてたったの1000万円は軽い

 

f:id:trail7:20200803202441j:plain

動力部はメインの同軸反転ローター用に2個、前後推進用にテールロータ用に1個、計3個のモーターで構成されている

 

f:id:trail7:20200803202631j:plain

 

コントローラー部、3つのモーターは3つの可変抵抗にて制御される。VR1でテールローター。左側のVR3でメインの同軸反転ローターの出力、VR2で同軸反転ローターの回転数をずらし左右へ首を振る動作を行っているようだ。K1、K2で左右方向のトリム、K3でヘリ搭載のLEDの点灯を制御

 

f:id:trail7:20200803203235j:plain

ヘリ部、キャノピー、制御基板、バッテリーと駆動部

コンパクトに設計されていて美しい

いいオモチャだった。ありがとう

 

 

 

 

岐阜城に天下布武の夢をみた

 夏空の名古屋。今日も暑くなりそうだ

 

愛知県道102号線名古屋犬山線を北上。犬山橋までざっくり30km。90分。このダルい市街地区間は割り切って輪行でもいいな。まあ朝8時前なら交通量少なく自走でもいい。まぁどっちでもいい。ストップアンドゴーの移動作業区間

 

尾張広域緑道も悪くないが基本的にはストップアンゴゴーのポタリング区間

 

f:id:trail7:20200802161225j:plain

県道102号線。典型的な市街地ルート。ストップアンドゴーで進まない

 

国宝犬山城をパチリと写真に収めておく。今日は木曽川左岸のサイクリングロードを行くのだ。そしてお楽しみポイントとして金華山ドライブウェイのルートを引いておいた

 

f:id:trail7:20200802161710j:plain

 

木曽川サイクリングロードは幅員3mはあるご機嫌な快走路だ(中京の荒サイだ!)!夏空のもとゴキゲンにかっ飛ぶ。ローディーさん達も多い

 

f:id:trail7:20200802162131j:plain

 

木曽川橋を渡り岐阜へ向かう。おお山の上にそびえ立つ天守閣が見えてきた。TVではよくお目にかかったが、初めて見た。これは天下とった気分になれそうな素晴らしいお城だ。織田信長天下布武というキャッチコピーを使い始めた気持ちが理解できた。歴史とか文化というのはやっぱりその土地に行って初めて理解が深まるもんだ

 

愛知県人としてはこの人に天下を取っていただきたかった

 

f:id:trail7:20200802162453j:plain

 

金華山ドライブウェイは車通り少なく、なかなかのゴキゲンヒルクライムルート。地元のローディーでごった返していた。途中の展望台からの岐阜市街の眺めはいい。やっぱ天下を狙いたくなる景色だ

 

f:id:trail7:20200802163006j:plain

金華山ドライブウェイ

f:id:trail7:20200802163026j:plain

岐阜市街の眺め

 

是非、山頂のお城から天下取りの気分を味わいたいと思ったが、岐阜城は現在休館。しゃーない。今度また来るよ

 

www.kinkazan.co.jp

 

戦国時代はあまり興味がなかったのだが、この岐阜城を間近で見て日本史に残る織田信長の物語に興味が出てきたぞ。ちょっと勉強してみよう

 

よく考えれば県庁所在地ってたいてい城下町だよな、だから似たような雰囲気なんだと新たな気づきを得ながら木曽川へ戻り南下。炎天下を漕ぎ続け若干腹が減った。時計を見ると11時過ぎ。ぐぐってみるとちょっと気になっていたご当地グルメ、ベトコンラーメンが11:30から営業開始だ

 

tabelog.com

 

進路変更、一宮市のベトコンラーメンの発祥の店、新京本店へ向かう。開店間際に到着、すでに5~6人並んでいる。人が並んでいるから良かったものの、誰もいないと正直入りづらい店構えだ

f:id:trail7:20200802164931j:plain

昭和な店構えで一見入りづらい

外国人?のオカミさんと、メニューを見る限りネパール人のシェフで運営されているようだ。なかなかエキゾチックなB級グルメスポットだ

 

常連客は、トリカラとかチャーハンとかランチセットを注文している。僕は初めての場合その店の看板料理を頼むことにしている。メニューを眺めると結構高い。トリカラ小で1000円、大だと1500円もするのか。お目当てのベトコンラーメンのLサイズ1000円を注文した

 

f:id:trail7:20200802170116j:plain

 

しばし待ち提供されたラーメンは、野菜マシマシって感じ。もやしにホクホクのにんにくの粒、これがうまく火が通されていて刺激や匂いがなく美味しく食べられる。そしてニラ、豚バラ肉が少々にピリ辛醤油ベースのスープに典型的な縮れ麺。あっさりした味付けだが、疲れた体に優しく、スープ含め完食!

 

冷静に考えるとライドにはラーメンは最高の食べ物だ。炭水化物が取れるカーボローディングと、塩分と水分が補給できる。今度からライド中のランチはラーメンを中心にチョイスしよう

 

f:id:trail7:20200802170441j:plain

 

店を出て灼熱の濃尾平野を自宅まで30キロ弱、バテもせずに90分で帰着した

 

地図は次回のために犬山~金華山ドライブウェイ~ベトコンラーメン新京~一宮駅で引いた。今度は輪行でかつ、岐阜城登り絶景を楽しんだ後にベトコンラーメンでシメ。こういうライドを楽しむ予定だ

 

 

愛知池周回自転車散歩

愛知池湖畔を一周7.4kmの周回コースだ。人気コースでユーザーが多く特に高齢者のお散歩(よく横2~3列で歩くんだよね)や、ガチランナーが多い。そしてブラインドコーナーが多く逆周りのお客さんもあり高速走行は危険だ。くわえて自転車ドメが5箇所に設置されており、うち3箇所は乗車したままのクリアは非常に気を使う

 

それでも開放感あふれ、一周7.4kmというちょうどよい距離感で、朝ちょっと乗ってくる場合の目的地としてピッタリのお気に入りのコースだ。

 

今日は久しぶりに新しいサドルの調整兼ねて行ってきた。朝から快晴!夏の空!ようやく今日梅雨明け宣言が出そうだ。新たな季節の到来が嬉しい

 

f:id:trail7:20200801113059j:plain

f:id:trail7:20200801113112j:plain

f:id:trail7:20200801113128j:plain

空気の澄んだ日は恵那山も拝めるよ!

f:id:trail7:20200801113218j:plain

f:id:trail7:20200801113243j:plain

嫌がらせシケイン、乗ったままクリア可能

f:id:trail7:20200801113322j:plain

乗ったままクリア可能だけど、パンク気をつけてね

f:id:trail7:20200801113351j:plain

3箇所目のシケイン

f:id:trail7:20200801113439j:plain

良い景色なんだけどブラインドコーナー多いんだよね

f:id:trail7:20200801113538j:plain

逆走するやついるから気をつけてね

f:id:trail7:20200801113607j:plain

f:id:trail7:20200801113625j:plain


名古屋からだと天白川沿いにアプローチがいいかな。おすすめのルートが引けない。車でトランポしてミニベロで遊ぶのが楽しそうだね