銀輪行路

多摩→尾張。カジュアルMTBで海を山を駆け抜ける!

廃道タラガ谷~大栃線をゆく Rail&Dirt 57.9営業キロ 200425

2:30pm。倒木と大岩で通行不能そして路肩は崩落。引き返すべきか?緊急リスクアセスメントに着手した

 

f:id:trail7:20210501055624j:plain


ブオーンというディーゼルエンジンの響きとちょっと排気ガスのかほりが漂う1両編成の汽車にガタゴトゆられ、まったり流れゆく里山風景を楽しんだ。非電化単線の長良川鉄道。以前は越美南線と呼ばれていた。鉄道省により美濃太田から両白山地を越え、越前花堂までつなぐ150キロの越美線が計画され、1923年に一部開業。越前側からも路線を伸ばすがついに分水嶺を超えることができず24キロの分断箇所を残したまま、未成線として越美北線と越美南線という2つの盲腸線が残った。鉄道界のロミオ&ジュリエット。国鉄が果たせなかった夢を今度チャリで探索してみよう

 

f:id:trail7:20210501055713j:plain

f:id:trail7:20210501055735j:plain

f:id:trail7:20210501055752j:plain

湯の洞温泉駅下車。当然俺様専用。よっこらせとチャリを組み立てるもディレイラーハンガーがヒン曲がってぶっ壊れていた。まじかよ。30分悪戦苦闘の末、なんとか組み上げだましだましヒルクライムに取り付いた。中美濃林道は標高1000m強の尾根を縦走する山岳道路。静かでサイコーだけど残念ながら全線舗装。ローディが挨拶もなく追い越してゆく。お前生意気だけど全然追いつけないので特別に許してやるぜ。お前今日はツイてたな 中美濃林道を終わらせ本日のお楽しみ。林道探索開始!ネット調査では数年前に廃道化が始まったタラガ谷大栃林道をスケベ心でのぞいてみる。行けるだけ行ってダメなら引き返せばいい

f:id:trail7:20210501055818j:plain

最初はこんな感じだ。ひょっとして貫通可能?


なかなかいい調子で数キロ進んだところでいきなり大岩と倒木で通せんぼ。しかも路肩は数十メートル崩落し谷底へ。やっぱダメなのか?引き返すべきか? こういう場合まずはチャリをデポして単身進んで先行偵察。タイヤ痕を丁寧に探してみる。なければ轍が残っているかどうか、交通障害となる落石の有無の確認。放置されているようならその道は使われていないということだ。残念ながら使われている確信は得られなかったが路面状況は悪くない。うーむ悩む。国土地理院謹製の地形図を確認し。林道は地図上には存在し谷筋を登り稜線にでるその後は貫通を確認している林道に接続。途中で国道へ降る脇道もありそうだ。せっかくここまで来たんだ、まだ時間があるし前進を決めた。初心者にありがちな危ないパターン。自信がないときはサクッと引き返すのが定石

 

f:id:trail7:20210501055945j:plain

f:id:trail7:20210501060010j:plain

f:id:trail7:20210501060042j:plain

慎重に崩落地点を乗り越え攻略開始、浮石でトラクションが得られずまともに登れない。自転車を押したり、乗ったり時間をかけて進んでいく。奥に行くにつれて林道は自然に帰りつつあり険しさが増し、ほぼ山歩き状態。落石、倒木、崩落でかろうじて道としての面影は残っているが、今度毎年やってくる50年に一度の災害級の大雨や台風が来たら多分もう終わりだ。再訪することはないだろう。自然の力を感じながら進む。洗い越しで休憩。チョコパイをかじりながらふと思い出した。「人間が勝つか、山が勝つか。それは常に山が決める」 滑落=遭難という感じのアブナイ廃道をトボトボ進む。時間がどんどん過ぎていく、15時までには下山を始めたい。ギリギリ。稜線をトボトボ自転車を押しながらついに他の林道へ接続。ここが本来予定していた大谷大栃林道だ。ふう。常に安全マージンを十分に確保してきたつもりだが、今回はちょっと心細くなった。しっかり記録を残し、心を引き締めてかかろう

f:id:trail7:20210501060111j:plain

f:id:trail7:20210501060128j:plain

 

大谷大栃林道は峠付近2~3キロ、積雪地帯の春先らしくらしくガレまくりで乗りにくい。やっぱダートの季節は秋だよなと思い出した。途中からは引き締まったライトグラベルをヒャッホーと駆け下りる。楽しい。思ったより体力と時間の消耗が激しく予定していた郡上八幡城の観光はキャンセル。適当に線路を目指し、たまたま相生駅へ。なんだ?「相生」ってどう読むんだ?とググる。アイオイ。同じ根っこから2本以上の木が生えること。夫婦がともに長生きするという意味だ。良い言葉。そうだ勝つでも負けるでもなく僕が目指すべきは相生なのだ

 

f:id:trail7:20210501060151j:plain

f:id:trail7:20210501060219j:plain

f:id:trail7:20210501060231j:plain

f:id:trail7:20210501060431j:plain

 

iPhoneSEのバッテリー交換 210420

意外とサクッと行けるぞ。ネジ8本とコネクタ4本を外して両面テープで接着されたバッテリーを交換するだけのかんたんなお仕事。実作業30分くらいかけてやれば相当丁寧。AppleStoreでバッテリー交換すると6000円。自分でやると2000円。値段もそうだがAppleStoreでお願いするにはデータを初期化、AppleStoreの予約、時間に合わせた行き帰りの交通など手間暇多すぎ。週末予約取れないし。どうせ保証切れなら自分で交換しちゃえと。街のケータイショップのアルバイトの兄ちゃんたちも元はドシロウトだろ?奴らにできて俺にできないことはねえ

 

よく見るとオリジナルのバッテリー容量1624mAHに対して1920mAHと20%容量アップしているものが売っている。ホントかどうか悩むが、確かめるすべもなくポチった。電池と交換に必要な工具類がついて2000円弱

 

f:id:trail7:20210421054933j:plain

 

Youtubeで流れを掴み、分解工房とiFixitのサイトをよく眺めながら工程ごとに作業をすすめる。外したネジ類は取り付け場所ごとにセロテープの粘着面においてなくさないようにする。両面テープの取り外しが多分キモだが、ま、なんとかなる

 

f:id:trail7:20210421055804j:plain

f:id:trail7:20210421055823j:plain

 

わぉ、当たり前なんだけど最大容量回復!あとは耐久性だな。交換前の電池は3年使って82%。ただいきなり落ちたり、半日くらいでなくなったりかなりヘタリを感じさせた。ま、もともとの設計は500回の充電で容量80%くらいに減り交換時期を想定しているからよく持ったほうなもんだろ。交換後の電池はちゃんと2年位は持つのか?半年後くらいにバッテリーの状態を記録しよう。経過観察が大切。ただiOSのアップデートがもう終わりだからスマホとして使い続けられるかはビミョー。通信機能付きiPodと考えると非常に使いやすくお気に入りなんだけどね。最近の製品らしくハードよりソフトの寿命が先にくるわけだな。しゃーないか

 

製品寿命が4~5年とすると、電池交換するのが1~2回あるかないかの頻度。ちょっとめんどくさいけど組付け型の今の設計は理にかなっていることがわかるね。ユーザーが交換可能なバッテリーバック化をしないことにより、軽量・小型化のメリットが得られるわけだ。予備バッテリーの代わりにモバイルバッテリーを使えば同じだし

 

夕食後酒でも飲みながら取り組んでみるのも面白いよ!

 

f:id:trail7:20210421055932j:plain

 

MTBフロントサスペンションフォークの錆落としとタッチアップ

2020-11-02 → 2021-04-17up フォークの構造と材質について調べたよ!

f:id:trail7:20201031151516j:plain

サビサビのフロントフォーク、駐輪場じゃ仕方ないかな。

f:id:trail7:20201101082130j:plain

#240の紙やすりで必死に磨き上げたらサビはきれいに取れた。ただメッキの表面処理は傷ついてしまった

f:id:trail7:20201102111720j:plain

田宮模型のペイントマーカーでタッチアップ。この仕上がりをどう見るかだが僕的にはなかなかうまく行ったぞ

 

f:id:trail7:20210417182103p:plain

今回磨き上げたのは黄色のマーカーの部分。構造上、スリーブとダストカバーの内径がサビで傷つく可能性あるがほぼ気分的な問題だね。気になる錆びによるフォークの破断は構造的に⑦の部品Fixing Boltこいつが2本とも折れるとバラバラになる可能性あり。ただ現実的には普通に走っていて一気に二本とも破断というのはほぼなさそうな気がする。ネットにも破断事故の事例はなさそうだしね。あまり神経質になりすぎる必要はないかな。XCTはカジュアルMTB用だと。ただ安いグレードのCR7とかだと内部構造は片持ちなので一本のボルトで止まっているだけ。これはなんとなく怖いね。今度から調べよう

よくサイトを眺めてみると2015年にこのFixing Boltの強度不足でリコール出しているね「弊社昆山工場にて2014年11月1日から2015年1月27日に生産された対象製品」とロット限定できているから安心かな

https://www.srsuntour.com/fileadmin/user_upload/Downloads/Consumer/Recall/Fixingbolt/URL-%E8%87%AA%E4%B8%BB%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%28%E7%82%B9%E6%A4%9C%E4%BF%AE%E7%90%86%29-07-13.pdf

 

フォークの組立図面

https://www.srsuntour.com/typo3conf/ext/dstore/binary.php?BinaryCodeID=2837&view=pdf&fn=SF14-XCT-DS-29-100-(1).pdf

 ちなみに最新の19年モデルの図面と見比べてみてもほぼほぼおんなじ、僕の大好物の熟成された設計だね。枯れた技術ともいうがMTBにおいては信頼性が重要。キチンと情報を出せるというのもいいポイントだね。技術・品質に自信がないと情報公開できないよね。なかなかやるぞSRサンツアー!

https://www.srsuntour.com/fileadmin/user_upload/Downloads/Consumer/Bike/Exploded%20views/2019/Suspension%20Fork/SF19-XCT/SF19-XCT30-DS-29-80_100.PDF

 


僕のマウンテンバイクはずっとアパートの駐輪場で屋外保管。やっぱ錆びる。サスペンションがこんなんになっちゃった。赤錆は腐食させるとのことで強度低下がちょっと心配になってフォーク変えようかと思ったけど2万ほどするし結局そのまま今日に至る

 

嫁さんと名古屋名物モーニングに行った帰り道、ダイソーに寄ってみるとワイヤーブラシセットを見つけた!速攻買い物かごへ!家に帰って前から持っていたピカールと鍋磨きを持って近くの公園で作業開始。辛抱強くステンレスブラシで1時間ほど磨いたがほとんどサビが落ちない。正確には赤い粉が飛び散り少しずつ削れてはいるのだが刑務所の囚人じゃあるまいし磨ききるのは無理だと悟った

 

f:id:trail7:20201031152434j:plain

今日のMVP

 

家に帰って工具箱に240番の紙やすりを発見!ぐぐってみると錆落としには良さそうだ。ダメ元で取り組んでみた。辛抱強く一時間半ほど磨き続けると、表面にびっちりこびり付いていた赤錆は綺麗サッパリ削り落とすことができた。メッキは剥がれてしまったが仕方ないだろう。腐食した感じは全くなし安心できた。SRサンツアーのホームページでこの材質を確認しようと思ったけど結局わからずじまい。鉄には違いないけど。とにかく頑丈な材料だ。さすが鉄は国家なり。

 

SRサンツアーのサイトに構造材はSTKM(S,Steel, T, Tube, K, Kouzou構造, M, Machineの頭文字)と明記されていた。日本工業規格JIS G3445:2010機械構造用炭素鋼鋼管。機械器具,自動車,自転車,家具,器具,その他の機械部品に使用する炭素鋼鋼管だと。まぁ、適切な材料選定に安心できた。仕上げはクロームメッキだと

 

しっかし重量が2725gかぁ。リジッドフォークに変更するだけで2kgは減量できるな。コレは大きいなぁ。しかしまともなリジッドフォークが売っていないんだよね。得体のしれない中華パーツばっか。

 

www.srsuntour.com

www.nspc.nipponsteel.com

caddi.jp

 

f:id:trail7:20201031152713j:plain

ダイソー頼りになります

f:id:trail7:20201031152742j:plain

ワイヤーブラシで1時間磨いてもほとんど効果なし

f:id:trail7:20201031152839j:plain

f:id:trail7:20201031152856j:plain

サビサビ。基材も腐食して強度が落ちているのでは?とずっと気にかかっていた

f:id:trail7:20201031153005j:plain

根気よく磨き続けて表面の赤錆が大分落ちてきたぞ!

f:id:trail7:20201031153100j:plain

メッキは剥がれてしまったがサビはきれいに取れた

 

後はタッチアップで傷を目立たなくしてしまおう!ググってみると良さそうなのがあった。アマゾンだと¥470。ちょっとためらう金額だ。我らがヨドバシドットコムだと¥168。迷わずポチった!

 

タッチアップがどこまでうまくいくか。お金と技術はないが情熱と時間をかけて綺麗に仕上げよう。まずは商品の到着を待とう。ちょっと楽しみ

 

 

ついでにFDのタッチアップもやってみた。塗りムラが残ってしまう。スプレータイプが仕上げは良さそうだが、ペンのお手軽さも捨てがたい。どこまでこだわるかだなぁ

 

f:id:trail7:20201102111956j:plain

 

f:id:trail7:20201102112012j:plain

 

写真ではタッチアップ跡は目立つかつ、メッキの鏡面仕上げの再現は無理だがパッと見レベルだと全然オーケー!手間暇かけてメンテした甲斐があった。後は耐久性。またレポートするよ

吉良ワイキキビーチ 143.4km 210411

朝もハヨから精を出しチャリを漕ぐ。目指すは50マイル先の名古屋からチャリで行けるハワイ、吉良ワイキキビーチ。マイレージを稼ぎ、来年こそは憧れの上級会員になるのだ。絨毯が敷き詰められた空港の専用ラウンジでフカフカのソファにふんぞり返りただ酒をここぞとばかりに浴びるように飲んでやるぜ。上級会員ってもそれだけか。ま、どうでもいいな


ルートはずっと気になっていた豊田安城サイクリングロード、延長36.3kmの大規模自転車道。さぞかし快走路だと期待していたが大外れ。とぎれとぎれの緑道でマジでどう進めばいいかわからん。いきなり中央分離帯のある4車線道路でデッドエンドとか、いきなしルートを閉鎖してザクラダファミリアよろしく平成8年までのんびり耐震化工事とか。案内板がほとんどなく一見さんのドシロウトは絶対ゴールできない無理ゲー。しかも 2~300mおきに現れる嫌がらせのようなアーチ型車止め。GPSを頼りに進んでも四苦八苦。うーむ苦行。思ったより時間と心が溶けていく


なんとか豊田市を脱出し、ラスト16kmくらいはまぁまぁ普通のサイクリングロード。いきなりぶつっと終点で途切れた。やっとクソサイクリングロードから開放されたという本末転倒な開放感を得た。矢作川を渡り西尾市に入るとようやく心が落ち着いた。三河湾沿いにチャリをのんびり流す。あまりにステキ過ぎてテキトーに堤防に腰掛けトップバリュのチョコパイをかじって海を見つめてたそがれる。気分サイコー!


お目当ての吉良ワイキキビーチは危うく通り過ぎるところだった。おぉ、これが憧れのハワイか。俺様専用プライベートビーチを散策し、記念写真をパチリ。雰囲気は逗子・葉山。ただ交通量は圧倒的に少なくチョー快適。ポンコツiPhoneから聞こえてくる海の向こうのラジオ局ワイルド94.9のゴキゲンDJクリスティーナ姐さん、べらんめえ口調でサマー・イズ・ジャストアラウンド・ザ・コーナー!と吠えていた。こっちもそんなカンジだわ


その後はゼイゼイ言いながら山岳ステージへまずは三ヶ根山スカイライン、料金所で足止め。チャリはダメだと。相変わらずミスった。しゃーないので山折りて昼食。テキトーに入ったコンビニで見つけたファミマ専用、味仙本店監修、名古屋名物、台湾ラーメンカップ麺をいただく。なかなかイケる。ライスおかわり3杯はできそうだ。ファミマ専用なのがいまいちだが買いだめしとこう


そして蒲郡の街をぐるっと囲むように尾根を縦走する三河湾スカイライン。快適なワインディングロードでモーターサイクルのりが爆音響かせコーナーを攻めまくる。いいなぁ。楽しそう。最後はカモメ眺めながら竹島園地でアイスをかじった。蒲郡駅で店じまいし名古屋まで1時間。悪くないが再訪するほどでもない。それでも俺様専用サイクリングマップの空白域を埋めるログ採取ができたし行った甲斐はあったね。だいたい150kmくらいのロングライドが一日楽しめる感じかな

 

f:id:trail7:20210411082739j:plain

f:id:trail7:20210411082756j:plain

f:id:trail7:20210411082840j:plain

f:id:trail7:20210411082852j:plain

f:id:trail7:20210411082919j:plain

f:id:trail7:20210411082934j:plain

f:id:trail7:20210411082946j:plain

f:id:trail7:20210411082959j:plain

f:id:trail7:20210411083012j:plain

f:id:trail7:20210411083026j:plain

f:id:trail7:20210411083039j:plain

 

異音解消の旅→まさかのQRの緩みだった! 210402

僕らの愛するマウンテンバイクはなかなかの気むずかしがり屋。不調があるとすぐに音を上げ、ギシギシ・ガタガタ言い出す。ま、ギリギリまで頑張って遠征先でいきなりトラブって立ち往生するよりはずっとマシだ

 

7年お付き合いしている僕のポンコツマウンテンバイクも最近不調ギシギシ泣いてる。1年位キチンとオーバーホールしてないからBB周りかな?まずは自己診断

 

①立ち漕ぎでもギシギシするか確認。解消する場合→シートおよびシートポスト周り。しない場合は次へ
②ペダルを回さず空転させて進んで解消するか。解消する場合→ドライブトレイン周り。
③タイヤの回転に合わせて周期的に泣くか。Yesの場合→ハブもしくはブレーキシュー、ホイール周り、異物かなにか接触していないか
④手放し運転してみて解消するか。→ハンドル周り、ステム、コラム、フォーク

 

ドライブトレイン系の異音が疑わしい場合
⑤右ペダル、左ペダル片側ずつ力を入れてみる→ペダル軸周りの可能性
⑥立ち漕ぎでフレームをしならせるよう荷重・抜重してみる→フレームもしくはBB周りの可能性

 

 

ここまでやってアタリをつけてから作業に入ろう。今回の場合は②ドライブトレイン周りが怪しい、⑤⑥は特に問題なさそ

 

音の出方からやっぱクランク周り?最近かまってなかったからなぁ。

 

異音解消の作業は、分解。清掃。外観観察。潤滑剤塗布。再組付けの工程の繰り返しだ。まずはペダル軸をクランクから外して再組付け→問題ない

 

f:id:trail7:20210402084743j:plain

チェーン噛み込み跡が痛々しい。オリジナルのSRサンツアー製クソチェーンリングのせい

 

 

f:id:trail7:20210402085008j:plain

シマノ製ペダル軸はトラブったことはないが、クランクとの取り付け部分で異音を見つけたことがあるので、取り外し、清掃、再組付け

 


じゃ、めんどくさいけどクランクを確認する。確認ポイントは左クランクの緩みがあったか。チェーンリングの取り付けボルトの緩みがないか→大丈夫そうだ

 

f:id:trail7:20210402084847j:plain

緩んでないかチェック。トルク管理はヤマカン!


しゃーないここまでやったしBBも外しとくか。BBとフレームのBB取り付け穴、ネジ部清掃。一応フレームのBB周りにクラックが発生していないか目視しておこう

 

f:id:trail7:20210402085218j:plain

応力がかかる最重要ポイントだからね。大切に、丁寧に扱おう!

 

f:id:trail7:20210402085337j:plain

樹脂の回転部とアルミのハウジング部の隙間に根気よくグリースを塗り込んでいく。異音解消しますように。気が済むまで塗り込んでください

f:id:trail7:20210402085732j:plain

そういえばシマノ謹製プレミアムグリスが緑→茶色に変色しているぞ!劣化しちゃったなぁ。50gでも使い切れないね

 


BBの隙間に異音解消の願いを込めてグリースを気が済むまで塗り込む。ネジ部にグリスアップしながら再組付け。

 

 

期待に胸を膨らませペダルを踏み込む、ギシギシ、ギシギシ。うーむ。残念。時間がかかりそうだ。そういえば最近プーリー変えたよな?見てみよう大丈夫そうだけどなぁ。

 

 

 

 



最近輪行していなくいじってないけどQRも見とくか?ディレイラーハンガーなんかゆるいな。ちょっと締めとこ→解消!

 


なんだよ。ここまで90分。遠回りしたけど、結局はQRの緩み?異音の出どころの特定は難しいもんだな。まぁでも異音解消して気分よくサイクリングできることが何よりも重要。めんどくさくて放置してたクランク周りのグリスアップも実施して安心して新しい季節に漕ぎ出せるね!

 

 

f:id:trail7:20210402090024j:plain

今回はここでした!お疲れさまでした。

 

名古屋桜名所自転車散歩 210329-0401

4日連続早起きして市内の桜名所を自転車散歩。夜明けが近づく5:30自宅を出発猛ダッシュ。~6:30までは快適だが以降は通勤ラッシュが始まる。平和公園、山崎川、パロマ瑞穂スタジアム鶴舞公園、メージョー公園、堀川、庄内緑地公園。来年以降定番化決定!アクセントの名古屋地方気象台の激坂も美味しいぜ

 

f:id:trail7:20210401211110j:plain

f:id:trail7:20210401210816j:plain

f:id:trail7:20210401210833j:plain

f:id:trail7:20210401210843j:plain

f:id:trail7:20210401210857j:plain

f:id:trail7:20210401210911j:plain

f:id:trail7:20210401210945j:plain

f:id:trail7:20210401210927j:plain

f:id:trail7:20210401211006j:plain

f:id:trail7:20210401211019j:plain

f:id:trail7:20210401211036j:plain

f:id:trail7:20210401211055j:plain

 

五条川健幸ロード Bike59.8km

春はあけぼの。あとなんだっけ?ゼイゼイ言いながら酸素も足りないアタマで清須を目指す。巡航速度マッハ4。朝の7時前にヨユーで右大臣織田信長公古城跡に到着。ドシロウトは鉄筋コンクリート造りのインスタ映えする清州城をありがたがるが、ツウな俺はちびっこの社交場ニンジャ公園並みのしょぼい清須古城を散策

 

f:id:trail7:20210327172116j:plain

 

 

そして尾張一番のパワースポット、夫婦の絆・立身出世・必勝祈願の始まりの地~二人の愛と希望の丘~で織田信長銅像前で記念写真。新年度はなんかいいことありますように。そのままのんびり五条川を遡上し岩倉の桜の名所を目指す

 

f:id:trail7:20210327172135j:plain

 

8分咲きといったところだろうか。両岸に咲き誇る桜並木が見事だ。さすが財団法人日本さくらの会推奨の「日本の桜・さくら名所100選」来てみてよかった。そのまま犬山城を目指すのも悪くないがなんか小牧山城方面へトラバース

 

f:id:trail7:20210327172202j:plain

f:id:trail7:20210327172222j:plain

 

 

県営名古屋空港の航空館ブーンの展望台で定刻09:10発の山形行きFDA381便の離陸を狙ったが、待てど暮らせど飛ばない。なんだよ欠航か。そして天下のエリート様が12年の歳月と7000億円をぶち込んだけどついに飛ぶことはなかった国産ジェット機の開発拠点名古屋航空宇宙システム製作所前を通り家路についた。巨大な格納庫にペイントされた三菱重工のロゴが虚しく映える。ふと記憶の奥底に埋もれていたフレーズが浮かんできた

 

 

 

 

国破れて山河あり、城春にして草木深し

 

 

上等だぜ。僕は嬉々としてガタガタ道を選びポンコツマウンテンバイクで駆け抜けた

 

 

f:id:trail7:20210327172241j:plain

f:id:trail7:20210327172249j:plain

f:id:trail7:20210327172307j:plain

f:id:trail7:20210327172258j:plain