銀輪行路

街乗りMTBで名古屋から海を山を駆け抜ける!

城山・八事風致地区自転車散歩

夏の朝、朝っぱらからセミがうるさい。今日には梅雨明けかな?熱中症には厳重注意の予報。無理すんのやめ。やる気が出ないが今日も一日引きこもってるとウツだから無理して出かける

 

 

ま、特にあてはないけど借り物のクロスバイクのギアを軽めに覚王山山岳ステージへ。茶屋が坂公園の湧水を見に行くが、じんわり染み出す程度で湧いてねえぞ。油断するとソッコー蚊に刺される。うっぜ。この季節はあかん

f:id:trail7:20210719123233j:plain

 

わざと知らない細道を進んでいく。ブルジョアジーの街らしく並んでいるのが高級欧州車ばっか。あとセコムのステッカーと監視カメラがこれみよがしに設置されている。上級国民っていいなぁ。安物自転車にまたがりカメラ目線でファックユーと中指を突き立てておいた 覚王山日泰寺は山門に五重塔、馬鹿でかい本殿となかなか立派。なぜか朝からわんさか人が集まっており思ったとおりラジオ体操の皆様だ。早々に脱出する。表参道の町並みはちょっとレトロでステキ

f:id:trail7:20210719123304j:plain

 

帰りしな城山八幡宮のショート激坂で足削っとこうとよってみた。茅輪神事が開催されていた。なんだ茅輪って?グーグル先生曰く、日本神話に由来する神事。8の字に茅輪を三回くぐるのが作法。でも注意書きには「祓芦で心身を払い、本年は輪を一回くぐります」とある。コロナの影響?しかし、知らないことってまだまだあるんだな。当たらな小さな発見の旅。悪くねえ。とりあえず茅輪をくぐって無病息災を祈願しておいた。城山八幡宮は俺好みの閑散とした感じで好印象。 また裏道を通りながらお金持ち専用の自由が丘をゼイゼイ攻略しながら7時半に帰還、アチい。~坂とか~丘ってセレブのかほりがするな。なんで金持ちは丘陵地帯に住み着くんだ?マウンティングって言葉を思い出したけど貧民かつパアは僕には関連付けが難しかった。2時間。13キロ。夏はこんなもんだな。クロスバイクで近場のまちなか探検も面白いものだ。5時前にはでかけたいけど起きられね。ガンバロ

 

f:id:trail7:20210719123324j:plain

f:id:trail7:20210719123337j:plain

 

朝五時発。カラッとした朝。八事丘陵へ。借り物のクロスバイクで近所のダートを走ってみる。なかなかいいぞ。Vブレーキの制動力は高く安心できるが峠の下りだど焼け付きそうでちょっと心もとない

f:id:trail7:20210719123440j:plain


全く接点がないセレブなおしゃれタウン星が丘テラスを駆け抜け山岳ルートに取り付く。いい感じなんだけどいかんせん距離がない。テキトーに走り回りルート探索を試みる。東山元町あたりはブルジョアジーを通り越して組長の邸宅が並ぶ。高い塀にピカピカのセキュリティ・バイ・セコムのステッカーが輝く大豪邸でマジヤバイやつ。マダムやオジサマと散歩しているお犬様の1週間のエサ代は俺の一ヶ月の食費を軽く越えそうな感じ。いいなぁ犬に生まれたかったよ

f:id:trail7:20210719123455j:plain

f:id:trail7:20210719123506j:plain


ログ解析はあとに回し本能のままに八事まで進む。この辺はポアルージュ加工の坂が多く結構いい。ただ距離がない。興正寺で一休み、山門に、石灯籠、大仏に五重塔がまとめて移せる南蛮人大喜びの映えスポットで記念撮影

 

f:id:trail7:20210719123524j:plain


せっかくここまで足を伸ばしたので名古屋一の激坂、御幸山ヒルクライムを味見。クロックスのサンダル履きに、バニラのペダルという装備でかる~く一回目で登りきってしまった。さすがジャイアントのベストセラー、いい自転車だ。このあたりは坂道が多くていいんだけど信号少なめの周回コースがない。よってローディーもいないんだよなぁ。もう少しクロスバイクで徘徊して低速周回コースを開拓試みたいが、ログ解析結果多分平和公園周回コースが無難という結論になりそうだ 24キロ、7時半前に帰還

 

平和公園(千種区)

からっと爽やかな朝。雲一つない夏の空が広がる。なんかもったいないので借り物の自転車で珍しくアサカツ。最近サボってたなぁ

 

大人気のジャイアント製クロスバイクはキビキビとした軽快な走りかつ3x8のギアシフトがサクサク決まり非常に乗りやすい。いいなこれ。Mサイズの適用身長が185までと若干小さめ、普段乗りには問題ないが激坂攻略で立ち漕ぎのときは脚がハンドルバーに当たるかな?スタックが599、リーチが382。今のバイクは642と439だから4〜6cm小さい感じ、さすがに窮屈。でも重量11.2kgで非常に軽い、キックスタンドがついてチョイ乗り自転車散歩には最高の機材だな。欲しい。Lサイズだと622の400で適用身長が180〜195これだな。何を買おうか妄想を膨らませているときが一番楽しいもんだ

 

f:id:trail7:20210718184527j:plain

 

とりあえず近所の平和公園へ向かう、ひんやりと乾いた風が気持ちええ。ふらふらと虹の塔に寄ってみた。中から見上げてみると確かに虹色の光に輝いている。足元には春分秋分の正午頃、天から虹が舞い降りてくると彫り込まれている。知らんかったがなんか楽しそうだな。また来よう

 

f:id:trail7:20210718184543j:plain

 

一番高いところにある平和堂からは北方面へ眺望が広がる。定番のメタセコイア広場は朝露に輝き熱心なランナーや愛犬家がまったり散歩したり思い思いに多忙な一日が始まる前のゆったりできる貴重な時間帯を楽しんでいる。重い腰を上げて良かった

 

f:id:trail7:20210718184604j:plain

 

f:id:trail7:20210718184618j:plain

ボロアパートに戻りインスタントコーヒーすすりながらジャズを聞いていると気分はすっかり休日。んでもって、やっぱりいつも通りやる気がなくなった。今日も手を抜いていこう。そうこうしているうちに蝉が騒ぎだした、暑い一日になりそうだ 6.4キロ、45分。朝飯前にちょうどいい感じ。ランを絡めるとより美味

三国山(西) ヒルクライム71.8km

摂氏24.6度、湿度100%の朝。カリッカリに焼いたトーストかじりながら雨雲レーダを確認、午前中は持ちそうだ。30分後矢田川遡上中に本格的な雨に見舞われた。不確かな未来に乾杯

f:id:trail7:20210711035805j:plain

 

 

お気に入りのナイキドライフィット生地のランニングシャツとサッカーパンツで雨の中でも快適だぜ。なめんな。なるべく人気のない裏道ルートを選びながら瀬戸大滝を目指す。あと一歩のところで橋が8月末まで工事中、これ強行突破したら怒られるやつや。ならばと渡河作戦を試みるも失敗。なんだかハイシーズンに工事中って冴えね。どこもインフラガタガタだなぁ

f:id:trail7:20210711040020j:plain

 

 

三国山ヒルクライムルートは静かな山岳林道だ。思いのほか車が数台通り特に下りは油断できない。標高500mを越えるあたりからジェットプレインの音が聞こえる。見上げてみるとどんよりとした梅雨空の隙間に夏の青空と飛行機雲が見えた!梅雨明けが近そうだ

f:id:trail7:20210711040041j:plain

 

登り切るとちょっとしたグラベル区間のボーナスステージ。だからローディーはいなかったのか。

f:id:trail7:20210711040243j:plain

 

 

尾張最高峰標高701mの三国山山頂の展望台は360度のゼッケーのはず。しかし今日はガスっててほとんど見えん。また来よう。帰りは林道を避けて国道を流し重力に任せぶっ飛ばす。ヒルクライマーの皆様が朝っぱらからわんさか雨沢峠を目指し登ってくる。ご苦労さま

f:id:trail7:20210711040311j:plain

f:id:trail7:20210711040321j:plain

f:id:trail7:20210711040330j:plain

f:id:trail7:20210711040342j:plain

 

 

 

 


スペックは三国山(西)距離6キロ、獲得標高500m、平均斜度7%最大13%。なんか雰囲気似ているなぁと思ってググってみた八王子の和田峠は標高690m、距離12キロ、獲得標高514m、平均4%、最大18%か。週末の午前中に脚削るにはちょうどいい感じ。良ルートを開拓できて幸せ

アベニュセントラルドゥナゴヤ 41.5km

サンデエモオニンライドの新ルート工作に出動、雨雲が到達する前に帰還すべしと覚王山山岳ステージを猛ダッシュで駆け下りる。今にも雨が降りそうな重たい空が涼しくて絶好のサイクリング日和だ。グリッド状にキチンと方格設計された名古屋市街は信号多すぎストップ&ゴーで若干ダルい

f:id:trail7:20210707201658j:plain

 

泣く子も黙るシャンゼリゼ委員会に公認いただいたアベニュセントラルドゥナゴヤでは夜通し飲み明かした若い衆がグッタリベンチに腰掛けている。水商売の兄さん姉さん方々もコンビニ袋ぶら下げ家路を急ぐ。本家は安物のウォッカの割れた瓶が転がり、食べ残しのピザとかファストフードの包み紙が散乱しションベンくさい冴えない街並みで油断してるとチンピラにアジア人狩りされる殺伐とした危険地帯だが、昨年リニューアルした当地久屋大通公園のほうが俺みたいなド素人のカッペがのほほんと自転車散歩させていただくには丁度ええ感じ、たまにはいいな

 

f:id:trail7:20210707201719j:plain

テレビ塔建築士内藤多仲先生の昭和29年の作品、タワー6兄弟の長男で日本最古の電波塔だ。東京タワーはその4年後五男坊として完成。そんな有り難い登録有形文化財に三跪九叩頭の礼をつくし御利益を願った そして名古屋市科学館へ寄ってみた。曇り空で自慢の日時計は役立たず。ま、晴れてようが曇ってようが常に役立たずの俺よりはマシだ 堀川沿いに南下、雨宿りしながらフラフラ進む。比較的走りやすい良ルートだ ガーデン埠頭はいつも通り解放感溢れ安定のクオリティー。あまり観光地化しておらず俺様専用感がサイコー!のんびりと散策できた。港はええわ。なんか街にJリーグとできれば野球、海と山が近くて港やビーチ、そして空港があれば一通り揃ってて幸せ、それを人口少なめ駐車場多めでコンパクトにまとめていただければなお善し。今度は福岡、広島、神戸あたりに住んでみたいものだ。しまなみ海道のある広島がいいな

 

f:id:trail7:20210707201750j:plain

f:id:trail7:20210707201803j:plain

f:id:trail7:20210707201819j:plain

復路は山崎川沿い。東海通から瑞穂公園までのルートは改善の余地あり。堤防道路の工事で7月末まで通行止め。なんかな。戦後9年でテレビ塔おっ立てる復興を成し遂げたのに失われた30年でインフラ整備がガタガタになっちゃたんだな。冴えねえ。瑞穂スタジアムからは山崎川四季の道を自転車散歩 覚王山山岳ステージに戻り郷土料理のモーニング食べて帰ろうかと思ったが、雨雲レーダ見ると後30分くらいで降り出しそうなので直帰。家でシャワー浴びてインスタントコーヒーすすってたら雨降り出したので結果オーライ! 3時間、41.5キロ。日曜の朝飯前に丁度いい感じだ

新舞子マリンパーク&ジャンキーストレート 77.7キロ

上半期シメのライド。なんか海を見とうなってグーグル先生に相談。テキトーに線引いて出発。どんよりとした曇り空、サイクリングにはサイコーだぜ。

 

天白川緑地のガタガタ道を突っ切ってたら堤防工事のお知らせ令和2年6月18日から令和4年1月14日まで河川の改修工事に伴う通行止め。うっぜ。回り道しながら突き進む。天白川沿い、幹線道路との交差はめんどいがなかなかいいな。俺様専用多摩サイっていう趣き。

f:id:trail7:20210627190456j:plain

 

常滑街道とかいう1車線の旧道をたどる。東海市までくると田園風景が広がり開放感あふれて気持ちいいぜ。幹線道路を一本外した直線的な快走路だ。知多産業道路を越えていよいよ直線番長ジャンキーストレートだ。

f:id:trail7:20210627190526j:plain

 

スピードとかケイデンスとか俺にはカンケーねーぜと思っていたがこの直線を見ると脳内麻薬ドバドバ。アッパッパー。本能的にスピードへの飽くなき追求が始まった。やっぱジャンキーストレートだわ。何回かトライして乙女ギア32x11を回しきって最高40キロ。ぜいぜいマジ吐きそう。朝飯に卵かけご飯食べなくてよかった。目的地の新舞子マリンパークは、トイレや水道があり顔を洗ってさっぱりできる。そしてマナカが使える自動販売機が設置されている。これポイント高め。

 

f:id:trail7:20210627190831j:plain

 

スピードジャンキー達は駐車場にデポして高価なTTバイクを乗り回している。チョー早えよ。まじ早い。DHバーなんかつけてトライアスロン選手か?俺もトライアスロンには何回か挑戦したが、そのときもやっぱりマウンテンバイク。うーむ、取り組み方が相変わらず中途半端な人生に恥じ入った。

 

 

海の見える丘など散策して、回れ右。そういえばGPSに最高速度表示があることを思い出し設定。再チャレンジ。時間をかけて徐々に加速、42.4キロが最高だった。車が出てきそうで怖いのでTTトライアルは往路、サウスバウンドが良さげだ。

f:id:trail7:20210627190613j:plain

f:id:trail7:20210627190636j:plain

帰り道はマターリ天白川自転車散歩。スギ薬局発泡酒買って午後はグダグダ。コミコミ5時間。定番化&リピート決定。良い週末でございました。また行こう!上半期の獲得マイレージは2714キロ。

 

f:id:trail7:20210627190653j:plain

安酒コレクシオン

 

猿投山~戸越峠ヒルクライム 73.7キロ

セレブタウン星ヶ丘天白川遡上→憧れのニュータウン日進、みよし爆走→猿投神社でお参り→ヒルクライム豊田市観光課謹製観光展望台→27兆円を生み出す日本トップクラスの産業エリアを望む→R419→K33戸越峠。10tダンプがかっ飛ぶ峠、イマイチなんだけどね→瀬戸→矢田川CR→スーパーヤマナカで安酒ゲット!→帰還して昼間から酒のみマターリ(7時前に出発~12時過ぎに帰還。週末ライドにはいい感じ)

 

今週で2021年上半期終わりだ。走行距離は2636.3キロ、前年比-37%。うーむどう考えればいいんだろ?下半期も幸せに暮らせますようにと猿投神社で手を合わせた

 

f:id:trail7:20210626183645j:plain

猿投神社併設の厳島社。水飲めるのか?他の参拝者ペットボトルに水詰めてた

f:id:trail7:20210626183755j:plain

バンダナかと思ったら左鎌なんだって、左利きの俺はなにかご縁を感じた

f:id:trail7:20210626183859j:plain

豊田市観光謹製の猿投山観光展望台225段の階段をのぼるお気に入りの場所

f:id:trail7:20210626183950j:plain

f:id:trail7:20210626184018j:plain

f:id:trail7:20210626184053j:plain

いい感じなんだけど10tダンプがかっ飛ぶ!

 

酷道418 Rail, Dirt, Hike & Dam 77.2営業キロ

可児駅→八百津→時折棚田→中野方→喫茶「あぜ道」でランチ(おすすめ)→ペトログラフ見学→物見岩(標高1090mゼッケー!)→笠置山山頂(1128m)展望なし→大井ダム(1924年~)漢の仕事だなぁ→恵那駅77.2キロ

 

f:id:trail7:20210619141449j:plain

 


非電化単線の太多線に揺られる。五月晴れのもと里山風景に伸びる線路が旅情を掻き立てる。2両編成ワンマン運行の汽車の乗客は体育会系高校生男女のみ数人。ま、休日の早朝に電車に乗る用事があるヤツってそんなもんだよね。ググってみると営業係数は200強。つまり100円稼ぐのに200円の経費がかかる赤字路線。潰れたらサイクリングロードにしてくれないかな?乗ってよし、潰れてよし、チャリと鉄道は相性がいい

 

f:id:trail7:20210619141521j:plain

 


誰もいない可児駅でのんびりチャリを組み立て7時過ぎに出発。八百津の田舎道を快走し1時間で本日のメインディッシュ、全国有数の激ヤバ酷道として名を馳せる国道418号線の廃道区間へ到着。インスタ映えする定番の道路標識で記念撮影。通行止めなのだが、実態はA型バリケードが一つ置かれているだけ。進んでみるとライトグラベル。100%乗車可能。激ヤバといえどもMTBerにとっては朝飯前、先週の廃道タラガ峠線に比べるとピクニック。ガードレールのないオーバーハングの崖沿いのダートを進む。木曽川渓谷で落ちたり崩落したら多分アウツ

 

f:id:trail7:20210619141558j:plain

f:id:trail7:20210619141613j:plain


曰く付きの激ヤバ心霊スポット朝鮮トンネルでちょっとビビる。途中でカーブしており出口が見えず真っ暗、カエルが鳴いているし。地形図を取り出し距離を目測300mくらい。大抵のトンネルはその地方有数の心霊スポットと呼ばれる宿命なのだが、出口の見えないトンネルは怖いなぁ。このために持ってきたヘッドマウントLEDライトに灯をともし意を決して突っ込むとコンクリート打ちの路面はフラットで快適。変なコウモリとかに襲われてウイルス移されないよう吠えて威嚇しながら進む。野生に戻った

 

f:id:trail7:20210619141640j:plain

f:id:trail7:20210619141704j:plain

f:id:trail7:20210619141724j:plain


約7km。30分くらいでゲートにぶつかった。この先は進んでもダメなことは事前調査済み。このエリアは嵩上げ工事で2029年の開業を目指す新丸山ダムに沈む予定だ。今の丸山ダムはわずか47.5m下流に作られる新しいダムに沈む。時代が変わりお前なんかもういらねと全否定されているような切ないダムだ。コロナ禍が終わったらダムカードもらいにいこう


スイッチバックの急登をこなし300mほど上昇。十日神楽の山村へ。岐阜県道353へ入ると山岳ステージの快走路。意外にも自転車乗りはおらず単車乗りがブイブイ言わす。この季節はモーターサイクルがいいなぁ

 

f:id:trail7:20210619141757j:plain

 


峠を越えて坂折の棚田へ。正しい日本のふるさとをぼんやりと眺める。中野方(なかのほう)の町へおり超珍しくランチはお店で。喫茶あぜ道。眺めの良いテラス席に陣取りAランチを注文。程なくして大盛りの唐揚げ定食が運ばれてきた瞬間、昨日モリコロパークで愛知県後援、全日本うまいもの祭りでサービスねって言われて大盛りにしてもらったチキン南蛮を食ったことを思い出した。まん延防止等重点措置の発令下、700円の入場料設定でも激混みの大人気イベント。もちろん酒類の提供はバッチリ、しかし第三のビール金麦というところがすべてがチグハグで空回り、滅びゆく日本を象徴しているようでセツナイ


今日も大盛りかよ。頼んでもないのにありがたいんだけどおえっ。でも余裕の完食。小鉢が3つもついて700円の激安。食後にホット?って聞かれてホントはいらないんだけど、雰囲気に負けて思わずハイって注文。グビグビのんでさて行くかと荷物をまとめると食後のお茶が出てきた。隣の席の町内会のおっちゃんととりとめのない会話しお茶を飲み干しようやく再出発


お腹タプタプの状態で笠置山ヒルクライムへ取り付く。若干気持ち悪いが、腹持ちがいい。何よりもパワー復活。持ってきた行動食の消費なし。今度からコンビニ飯はやめ、できるだけちゃんとしたところで食おう


なぜか僕の病んだ心を引きつける笠置山の3回めのペトログラフ。イルガガ、雨を我らにと祈る。アタマのなかのミュージックライブラリから古代日本語でうたわれるという神々の詩のフレーズが浮かんできてヘビーローテーションが始まった。ヒルクライムに全く合わないがひつこくつきまとう。標高1091mの物見岩からは恵那山や中津川市街を見渡せるゼッケー。この場所に中央新幹線が通るのか

 

f:id:trail7:20210619141835j:plain

f:id:trail7:20210619141853j:plain

f:id:trail7:20210619141930j:plain




せっかくなので笠置山山頂も踏んでおいた。1128mの山頂で記念写真を取るハイカーを見下ろす岩の上にたち僕も記念写真。ややこしいがそういうこと。展望はなく、期待していた中央・南アルプス御嶽山は観測できず。富士見岩を探してみたが踏み跡がクマザサに覆われ発見できず。ただホントに富士山がみえるのか?グーグル先生に聞いても情報なし

f:id:trail7:20210619141957j:plain

f:id:trail7:20210619142042j:plain

f:id:trail7:20210619142057j:plain

f:id:trail7:20210619142136j:plain






ディスクブレーキをアッツアツに焼きながらダウンヒル。間違えて買ったメタルパッドがブオーンと泣くが熱ダレせず制動力を最後まで維持する。さすが、今度から指名買いしよう。田植え前の素敵な山村の田園風景をはしり、1924年営業開始の大井ダムを眺める。漢の仕事だなァ
恵那駅についてみると後10分で電車が来る。その後は30分後。マッハでチャリをバラシ、輪行バックに詰め込む。約5分。本気だすと早いなぁ。15:31発の名古屋行き快速へ乗車。乗車率5%。それでも中央西線の営業係数は89.6の黒字路線だ。ランチの唐揚げ定食のパワーが残存しておりヨユーの帰宅。近所のスーパーの特売で買い置きしてあったストロングゼロでシメ。営業キロもホドホドにコレくらいのライドが楽しい。てんこ盛りのこのルート定番化決定!