銀輪日報

We believe life is better with bikes.

サタデーナイトライド・東山スカイタワー編

熱帯夜が続きポンコツ三菱エアコンが24x7でフル稼働。電気代がいと恐ろし。熱中症指数は『危険』運動はできるだけ中止。ベルクマンの法則により大型動物な俺はより暑さに弱い。とわいえおうち時間も飽きた。ナイトライドでお茶を濁そう。18時過ぎ出発したが30℃超え、でも太陽光線が弱くなっており幾分過ごしやすい

セレブタウン星ヶ丘をスルーしプチヒルクライムを経て東山スカイタワー着。15分。イメージより安い入場料300円を支払い高さ100m、標高180mの360°パノラマ展望室へ。おぉ、ゼッケー。空気の澄んだ冬に再訪しよう

 

関ケ原に沈む夕日が映える。やっぱうぜー西軍を迎え撃つならここだよね。って理解出来るわ。歴史x地理→地政学。これ大切。なぜ必須科目にないのだ?

 

ぎりぎりまで照明が落とされBGMはコンテンポラリー・ジャズ。演出上手。日本夜景遺産、恋人の聖地認定スポットだけに窓際に並べられたソファで恋人たちが5~6組愛を確かめあっている。お一人様の俺は肩身が狭いぜ

AR山ナビ、FlightRadar24、SkyWalk2といった空系アプリを駆使してみるも、明るすぎて星空は見えないし、県営名古屋空港への着陸は南向き進入の16滑走路で見えねー。また来るべ。そういえば満天の星空っていつ見ただろう?

 

翌朝早起きに成功。あさからムワッとしてるよ。夜明け前の平和公園のお気に入りスポットへ。俺様専用。だんだんと空がオレンジ色に染まり、光が溢れてくる。御嶽山から中央アルプス、恵那山の稜線が映える。遠く乗鞍が今日もフェロモンを放っている

 

 

帰宅後実行可能性調査を実施。結果、可。仕事早いぜ

乗鞍白雲荘は大部屋一泊2食で9800円。サンセット、星空観察、ご来光、3000m峰への登山も楽しめてこの値段か。チャリで行けばヒルクライムのおまけ付きのてんこ盛りのコンテンツだ。ゼッテー行くぜ。もう一つの銀嶺荘は一人個室で17000円。先一ヶ月満室だ。自転車定食なるものあり、これも興味深い

07h00名古屋発JR特急しなの1号、長野行き。09h08松本着 5610円
乗鞍エコーラインヒルクライム

白雲荘or銀嶺荘泊。サンセット、星空観察、ご来光
剣ヶ峰登頂。乗鞍スカイラインをガッーってダウンヒル。高山へ

18h48高山発、JR特急ひだ20号、名古屋行き。21h03名古屋着 5610円

富山湾サイクリングのおまけ付き、これもいいね(ざっくり+1万。電車代+4540円、宿泊5360円)

17h18高山発、JR特急ひだ13号、富山行き。18h54富山着 2890円
ホテルJALシティ富山5360円

17h14富山発、JR特急ひだ20号、名古屋行き。21:03名古屋着 7260円

あとは天候次第なんだよね。一番難しいがじっくり練るぜ。こういうのも楽しみなんだよね