銀輪日報

We believe life is better with bikes.

自転車歴史探訪(小牧・長久手の戦いを理解する)

新シリーズ第2弾。先月の関ヶ原の古戦場訪問で歴史探訪に目覚めたニワカ。寒いのでネットフリックス見ながら引きこもってようかと思ったけど急に晴れてきたので普段着にスニーカーでゆる~くポンコツクロスバイクでお出かけ

 

香流川沿いにフラフラ長久手古戦場を目指す。いつの間にかもう冬だなぁ。いい天気だけどさみい。オサレな新築一戸建てがならぶニュータウンにひっそりと古戦場公園はあった。ちょっと丘になっていて、池田恒興氏が銃撃を受け戦死した場所と言われる勝入塚がひっそりと残る。兵どもが夢の跡に紅葉が美しい

 

f:id:trail7:20211127203458j:plain

 

その一角にある長久手市郷土資料館を訪ねた。史跡めぐり用の無料貸出ママチャリが並ぶ。チャリと史跡めぐりは相性がいいんだな。そして例によって俺様専用の資料館をじっくり見学しきれいにカラー印刷された「長久手合戦史跡めぐり」というパンフレットを頂いた

 

そして聞いたことはあるけどなんだかよくわかんねえ小牧・長久手の戦い。たしか歴史の教科書に太字でテストに出る重要ワードくらいだったかなぁ。という記憶と理解しかないニワカだがネットフリックスオリジナルドラマシリーズ、メキシコの麻薬王、エル・チャポ(スペイン語で、「ちび」少しひどいな)の物語に当てはめるとスッと頭に入ってくることがわかった

 

f:id:trail7:20211127203549j:plain


...日々ドンパチが続く全国抗争を一歩抜け出し近畿という当時の重要エリアを抑え市場を牛耳っていたオダ・カルテルのボス、信長は1582年、右腕のミツヒデによる裏切りで長男もろとも消された。当時岡山出張中のエル・モノ(スペイン語で「猿」)すなわち秀吉は、猛ダッシュ中国大返しをキメ、山崎の戦いで仇討ちに成功。ミツヒデの単独犯として事件は処理された。ケネディ暗殺がオズワルドの単独犯という連邦捜査局の公式見解と同じようにケツモチの黒幕は笑いが止まらない

 

組織の後継者を決める清州会議で秀吉は主導権を握り旧カルテルの幹部の中でも頭角を現し始めた。エル・モノの目論見通りノブナガファミリーの跡目は、孫の三法師ちゃん(当時3歳!)が引き継ぐこととなった。翌1983年ライバル組織のシバタ・カルテル賤ヶ岳の戦いで壊滅させた。柴田勝家と組んでサルを消そうとした三男の織田信孝君はやむなく降伏、組織の最高幹部を狙うサルはアヤを付けて信孝君の縄張りの岐阜を追い出し自殺に追い込みライバルを一人消す。享年24歳。

 

柴田との抗争ではサルに味方していた次男の織田信雄アニイはこの事態にやっべ、サルをのさばらしとくと俺も消される。オヤジの長年の盟友、家康の旦那とつるむしかないと鞍替え。やったろーやないけ?と1984年3月サルに宣戦布告し喧嘩を売る。秀吉は、織田信雄のシマ愛知県北部にカチコミをかけるが、家康のダンナも出張ってきてくれて小牧山城で引きこもりにらみ合いが続き抗争は膠着状態に陥った

f:id:trail7:20211127203522j:plain

旧ノブナガ・カルテルの幹部の一人、池田恒興組長は秀吉に、根城の岡崎をカチコめば家康のタマぁ取るの簡単ですわ。と4月6日深夜2万人の郎党引き連れ出撃、途上にある岩崎城をサクッと攻略、留守番の丹羽氏重君16歳は守備兵200人とともに全滅。「だろ?俺の行ったとおりじゃん」とよゆーかましていたら、最後尾で朝のお弁当を広げていた秀吉の甥の三好信吉(後の豊臣秀次)君17歳が家康ファミリーの急襲を受けて大敗北。何やってんだよ糞ボンボンが!と池田のオヤジは救援のため踵を返し長久手古戦場で両軍は激突、池田の親子はあえなくタマぁとられてしまい織田・徳川連合の大勝利におわる

f:id:trail7:20211127203804j:plain

f:id:trail7:20211129045309j:plain

f:id:trail7:20211127203614j:plain

 

その後全国で散発的に小さな抗争が続くが、11月になって織田信雄君がはいたつばを飲み込み突然イモ引いて秀吉と手打ち。家康のオヤジも大義名分を失い講和に応じる。翌年秀吉はやんごとなき筋に働きかけ関白に就任。ノブナガ・カルテルの跡目を継ぎ組織のボスの地位を固めた。この一連の抗争で大いに名を挙げた家康はトヨトミ・カルテルの大幹部として睨みをきかせながら時節を待つこととなった。そして12月、日本山岳史の偉業サラサラ越え、富山県を抑える戦国のアルピニスト佐々成政さんが厳冬期の北アルプス立山黒部アルペンルート?)を越えて浜松まで赴き家康に面会し抗争の継続を訴えた...

 

BGMは気分と演出に合わせて、「ゴッドファーザー愛のテーマ」か、エッジの効いたギターリフが特徴的な「仁義なき戦い」のテーマソングのどちらかをオススメしたい

 

 

 

チャリ漕いでいればなんとなくあそこだなって見当がついた家康が陣を張ったという標高86メートルの御旗山登頂。街乗りポンコツクロスバイクでの自転車歴史探訪なかなかいいなと思いながら香流川サイクリングロードで家路につく、帰りしな近所のスーパーでペットボトル入りの赤ワインとお得パックのナッツ類を購入、シナモンシュガーぶち込みホットワインにして頂いてきたパンフレットをじっくり読み込みながら幸せな午後を過ごした

 

f:id:trail7:20211127203628j:plain

来年も古戦場巡りを続け脚本にまとめタランティーノ監督に売り込みに行こうっと

 

 

f:id:trail7:20211127203651j:plain

f:id:trail7:20211127203659j:plain

 

f:id:trail7:20211127203724j:plain

f:id:trail7:20211127203743j:plain

 

f:id:trail7:20211127203813j:plain

f:id:trail7:20211127203824j:plain

f:id:trail7:20211127203829j:plain

f:id:trail7:20211127203834j:plain