銀輪行路

多摩→名古屋へ。収録コースは記事一覧にまとめました

リメッド2をポチった(正確に言うとセラロイヤルグループ会社のサドルだ)

2020.07.31→2020.08.01→2020.08.02up

 

 ズバリ言おう。リメッド2は座面の硬いスポーツサドルでありコンフォート系ではない

 

良い点

  • ノーズが細く漕ぎやすい
  • お手頃価格3000円前後
  • まぁまぁ格好いい
  • 裏面の仕上げも値段なりに良い
  • いちおうセラロイヤル(ただし本家ロゴはなし)
  • 120km乗ったけど異常なお尻の痛みなし。また会陰部の痺れなし(これ重要)

イマイチな点

まだ結論でない点

  • 硬い座面で沈み込みが少ないその分、会陰部への圧力や痛みが減っている?
  • ヒルクライムでの痛み具合は?
  • 160km乗るとどうよ?

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  

今使っているサドルはセライタリアのXOフロー。7年使って流石にボロボロ買い替えを検討した。そして正直言うと最近何回かチンチンが痺れた感じでおしっこ漏らしちゃったのかと思うことがあった。ぐぐってみると、会陰部が圧迫され血液の流れが悪くなることによるものとのこと。今までなかったことだ。サドルがヘタれてしまったのだろうか?

 

SELLA ITALIA(セライタリア) SPORT Gel FeC BLK FLOWというのが後継機種っぽく¥5100と僕の予算的にお手頃だが国内在庫なし、このコロナ禍の時期wiggleで外国通販はいつ届くか分からないストレスを感じそうだ


www.selleitalia.com

 

数日悩み候補を

  • 台湾の老舗 VELO Plush VL3147
  • セラロイヤルリメッド2

に絞り込んだ。両社とも世界最大規模のメーカー。技術力と品質は期待できるだろう

 

VELOはブランドタグが座面に縫い込んである点(機能上不必要なものはなるべくないほうがいい。大丈夫だと思うけどペダリング中に擦れて痛いとか、ウェアの生地が痛むとか思わぬ不具合が嫌だ、僕はアパレルについてるタグを切り取ってしまうタイプの人だ)、あと野暮ったいデザインでイマイチ

 

とはいえセラロイヤルのウリのオステオパシー理論とはなんぞや?と本家サイトを見てみると一言も言及なし、直販サイトにも製品ページにもリメッドのサドルはない。ググってみると日本以外でのリメッドのページはほぼ存在しない。日本の輸入代理店企画の特別モデル?との疑念をいだきながらそれでもイタリアメーカーだし見た目は良さそうだしとポチった。価格は¥3,080。

 

商品到着後、自主検品作業だ

 

厚紙の台紙に結束バンドでサドルを固定。ビニール袋に包むだけの簡易な包装だ。今の時代これは全然問題ないぞ

 

f:id:trail7:20200731150031j:plain

台紙をよく見るとセラロイヤルのロゴがない。どういうこと?

 

台紙裏面を確認すると Selle Royal Vehicle (China) Co., Ltd.と印字されている。ググってみると本家サイトには記載なし、wikiで発見した。2010年に中国Justek社の株を52%取得し傘下においた。2015年現社名へ。工場は無錫と天津。サドルを裏返してみるとSelle Royal Group、Hand made in Chinaと刻印されている。ああ本家のロゴの使用が認められない品物であるということね。とほほ

 

画像検索してみるとやはり正規品の台紙にはセラロイヤルのロゴがきちんと印刷され、またサドル本体にもテール部分にプリントされている。この商品はセラロイヤルのグループ会社の製品で正規ロゴは付与されていないというあやふやな位置づけの製品だ

 

通常この手の説明文は多言語でびっしり印刷されているが英語と日本語のみ。やっぱ日本向けの企画商品なのかな

 

f:id:trail7:20200731144419j:plain

f:id:trail7:20200731145158j:plain

 

まぁでも見た目は良いし、裏面もなかなか良い仕上がりだ。一部ホッチキスドメはこの値段だとまぁ仕方ないか

 

早速取り付けて近所を散策、座面は硬い。先端部分は細くて漕ぎやすい。後部の坐骨が当たる部分は若干広く感じ大柄な僕にはあっている。サイズ:約 280×145mm、参考重量:約 330gとのことだ。今まで使っていたものが270x146mm 310gだからほぼ変わらないと思ったけど乗り味って変わるものだ

 

ラウンド型の形状とセンターホールについては週末40~50キロ走って確認しよう 

 

2020.08.01 夏到来!今日梅雨明け宣言か?

 

サドルのポジション調整に50kmほど走ってきた。サドルが水平だと会陰部が窮屈で痺れがきそうだ!穴が効いてないってことかな?サドルが前下がり、固定位置は前よりに仮ぎめした。旧サドルより前下がりになった。ちょっと極端だな。前の写真と見比べ、もうひと目盛り上げてみよう

 

サドルのノーズ部分が細くなって漕ぎやすくなった。その分、穴の幅が小さくなって会陰部が窮屈になってしまう?硬い座面で沈み込みが少なくなった分圧迫感も減った気がする

 

50kmくらいだとあまりかわらない。乗り切れてしまうな、次は80~100kmで試そう

 

f:id:trail7:20200801102430j:plain

f:id:trail7:20200801102447j:plain

f:id:trail7:20200802172133j:plain